モノ評価ブログ

気になるモノを評価するブログ。略してモノヒョー。アニメ、マンガ、ゲーム、観光、グルメなど。短時間で読める、写真だけでも楽しめます。

小型船舶操縦免許の更新をJMRAよりも安くする方法「かにのマークの船舶免許更新・再交付センター」京都長岡京市

f:id:monohyoka:20210525183808j:plain

前回の記事小型船舶操縦免許の更新を安くする方法 では、JMRA(日本海洋レジャー安全・振興協会)で講習会場をネット予約して講習修了後、自分で運輸局に行くというものでした。

今回は、JMRAよりほんの少しですが小型船舶操縦免許の更新費用をさらに安くする方法をご紹介します。

ただし、かなり限定的な方法です。

JMRAでネット申請した時

f:id:monohyoka:20210525183811j:plain

JMRA https://www.jmra.or.jp/

身体検査料    800円
講習受講料 3,700円
事務手数料    170円
合計            4,670円

更新講習の欄をみると「事務手数料170円」かかります。

この「事務手数料170円」を節約できるボートスクールがあります。

それが京都長岡京市「かにのマークの船舶免許更新・再交付センター」です。

免許証申請にはさらに運輸局で法定印紙代1.350円が必要ですがここでは省きます。

法定印紙代について分かりにくい方は、前回の記事小型船舶操縦免許の更新を安くする方法をご参照ください。

かにのマークの船舶免許更新・再交付センター

f:id:monohyoka:20210525184930j:plain

かにのマークの船舶免許更新・再交付センター https://license-renewal.com/

f:id:monohyoka:20210525184940j:plain
場所は、阪急電鉄京都本線長岡天神駅すぐ。

更新をかにのマークの船舶免許更新・再交付センターに丸投げした時

f:id:monohyoka:20210525183826j:plain

かにのマークの船舶免許更新・再交付センター https://license-renewal.com/

身体検査料               700円
講習受講料            3,300円
法定印紙代            1.350円
申請費用・送料他 3,150円
総額                       8,500円

更新をボートスクールに丸投げした場合、総額8,500円です。

他のボートスクールに丸投げすれば1万円くらいかかるので、かにのマークの船舶免許更新・再交付センターは1,500円安い(JMRAより身体検査料・講習受講料が安めに設定)です。

「申請費用・送料他3,150円」で郵送料を除けば実質2,000円ちょっとが手数料ということになります。

更新講習だけをかにのマークの船舶免許更新・再交付センターで受けた時

f:id:monohyoka:20210525183829j:plain

かにのマークの船舶免許更新・再交付センター https://license-renewal.com/

船舶免許更新オンライン申込みで「免許の更新(講習のみ、交付申請なし、申請書付き)¥4,500」をクリックして申し込みます。

身体検査料・講習受講料はJMRAと同じ4,500円です。

講習が修了するとかにのマークの船舶免許更新・再交付センターで「更新講習修了証明書」「身体検査証明書」「更新申請書」「納付書」がもらえます。

後は、「操縦免許証」「写真1枚(パスポートサイズ縦4.5cm×横3.5cm)」「法定印紙代1.350円」を揃え、「更新申請書」「納付書」に必要事項を自分で書いて運輸局で更新申請すれば完了です。

JMRAの「事務手数料170円」が、かにのマークの船舶免許更新・再交付センターに無い分、170円節約できます。

ただし、かなり限定的な方法ですね。

JMRAなら全国どこでも更新講習会場予約が可能ですが、かにのマークの船舶免許更新・再交付センターだと6ヵ所です(新型コロナウィルスの影響あり)。

免許更新でかにのマークの船舶免許更新・再交付センターを利用しましたが、職員さんの感じが良く、アクセスも便利ですので、次回も利用したいと思います。

まとめ

・かにのマークの船舶免許更新・再交付センターで更新講習だけを申し込めばJMRAより170円安い

・かにのマークの船舶免許更新・再交付センターに免許更新を丸投げしても他のボートスクールより1,500円安い

・かにのマークの船舶免許更新・再交付センターで講習を受けれる人は地理的に限定的

※情報は2021年5月時点のものです