モノ評価ブログ

気になるモノを評価するブログ。略してモノヒョー。アニメ、マンガ、ゲーム、観光、グルメなど。短時間で読める、写真だけでも楽しめます。

英語仮定法If例文「もし私が鳥ならば、空を飛べるのになぁ」がよくない

f:id:monohyoka:20220111205033j:plain

学校で習う英語、Ifで始まる仮定法の例文がよくない。

仮定法とは、「事実でないこと、現実にはありそうもない仮想や願望を表す表現」と定義されています。

f:id:monohyoka:20220111205036j:plain

仮定法の例文としてよく「もし私が鳥ならば、空を飛べるのになぁ」があります。

定義に合致しています。

この例文は、人間は鳥になれないし、翼がないので飛べない、人間がどうやっても不可能な事柄

では、次の例文はどうだろうか?

f:id:monohyoka:20220111205040j:plain

「もし私が傘を持っていれば、今ごろ雨に濡れなかったのになぁ」

実際に現在は傘を持っていないので雨に濡れた。

傘を持って出掛けなかった過去は覆せないが、人間なら傘を持って出掛けることは可能な事柄

f:id:monohyoka:20220111205043j:plain

2つの例文は全く違う事柄に思える。

日本語に英語が引っ張られ過ぎだろうか。

人間として可能か不可能な事柄は関係ないのだが、どうも「仮定法」という言葉が釈然としない。