モノ評価ブログ

気になるモノを評価するブログ。略してモノヒョー。アニメ、マンガ、ゲーム、観光、グルメなど。短時間で読める、写真だけでも楽しめます。

桂米朝の語り「住まいのミュージアム大阪くらしの今昔館」

昔の家屋のミニチュアが置いてあるだけのつまらないミュージアムと思いきや意外と面白い「住まいのミュージアム大阪くらしの今昔館」。

桂米朝氏の語りに惹きつけられる。

f:id:monohyoka:20210727104735j:plain

場所は、天神橋筋六丁目駅(天六)近く。

f:id:monohyoka:20210727104744j:plain

f:id:monohyoka:20210727104755j:plain

2001年4月に開館。

f:id:monohyoka:20210727104830j:plain

住まいのミュージアム大阪くらしの今昔館 http://konjyakukan.com/annai.html

f:id:monohyoka:20210727104812j:plain

f:id:monohyoka:20210727104823j:plain

住まい情報センタービル8Fで受付、一気に10Fへ。

10F

f:id:monohyoka:20210727104835j:plain

f:id:monohyoka:20210727104844j:plain

9Fに江戸時代の街並みが再現され、10F展望フロアで見てますが、建物がさらにその上まであるのでビルは11Fくらいの高さになります。

f:id:monohyoka:20210727104855j:plain

ここで桂米朝氏の語りがあり、聞き入ってしまう。

9F

f:id:monohyoka:20210727104907j:plain

風呂シアターでは、イラストの動く小咄が観れます。

タイトルは「夏祭り」、江戸から来たボンが祖父を訪ねて大阪に来る。ボンが来た理由は両親を亡くし(実は生きている)、祖父に引取られるからだ。ボンと祖父の会話が面白い。祖父はボンに両親を思い出させる失言を何度もするお決まりの笑いの落語調。祖父の「しもた、また言うてしもた」とクスリと笑えます。

最後まで観ていて飽きない面白さがあります。

f:id:monohyoka:20210727104917j:plain

f:id:monohyoka:20210727104926j:plain

風呂シアターで登場します。

風呂シアターを観てないと、何が何だか分かりません。

祭りには、嫁入り道具でデコったり、まちの宝を展示。

f:id:monohyoka:20210727104945j:plain

f:id:monohyoka:20210727104953j:plain

夕方や夜の演出がにくい。

8F

f:id:monohyoka:20210727105002j:plain

f:id:monohyoka:20210727105013j:plain

各時代のミニチュア展示。

感想

f:id:monohyoka:20210727105022j:plain

「住まいのミュージアム大阪くらしの今昔館」は8Fだけのイメージでつまらなそうでした。

しかし、実際に行くと、江戸時代の大阪のまちの再現、桂米朝氏の語り、風呂シアター、夕暮れの演出と体験型で楽しめるミュージアムになってます。