モノ評価ブログ

気になるモノを評価するブログ。略してモノヒョー。アニメ、マンガ、ゲーム、観光、グルメなど。短時間で読める、写真だけでも楽しめます。

京都で見かける「京都仙谷ハム」トラック

f:id:monohyoka:20220302173444j:plain

京都のまちなかで「京都仙谷ハム」と書かれたトラックをよく見かけます。

一体どのようなハムなのか、食べてみることに。

いがや

f:id:monohyoka:20220302173450j:plain

いがや https://shopping.igaya.jp/

「仙谷ハム」で検索すると、「京都・伏見松阪牛・特選和牛専門店いがや」という肉屋がヒット。

ネットでも買えますが、いがや伏見本店へ。

いがや伏見本店の場所は藤森神社近く、住所は京都府京都市伏見区深草直違橋南491-2です。

f:id:monohyoka:20220302173453j:plain

一方通行で、車の交通量が多い。

仙谷ハム

f:id:monohyoka:20220302173456j:plain

いがやは、伊賀屋と書くんですね。

ロースハム90g340円、ボンレスハム100g350円。

f:id:monohyoka:20220302173459j:plain

ハム切落500g920円(会員価格860円)と大容量。

f:id:monohyoka:20220302173503j:plain

買ったのは、ロースハム90g340円、薄く切られたハム4枚入り。

塩加減が丁度良く、ハム自体が濃すぎることはなく、上品な味。

ロースなので柔らかく、口の中でとろける感覚で旨い。

ところで、こんなに美味しい仙谷ハムはどこで作られているのでしょうか。

f:id:monohyoka:20220302173506j:plain

製造者の住所に「京都府京都市南区上鳥羽卯ノ花55-1」と記載。

仙谷ハム工場?

いがや伏見本店から3km離れた違う場所。

f:id:monohyoka:20220302173511j:plain

大宮通りから東へ入ると、仙谷ハムトラックが多数駐車。

f:id:monohyoka:20220302173517j:plain

ここで仙谷ハムが作られて出荷されているのか、それとも会社か。

f:id:monohyoka:20220302173523j:plain

この位置からふと振り返ると、以前訪れた高評価の鴨ラーメン屋があったのに驚いた。

monohyoka.hatenablog.com