モノ評価ブログ

気になるモノを評価するブログ。略してモノヒョー。アニメ、マンガ、ゲーム、観光、グルメなど。短時間で読める、写真だけでも楽しめます。

大盛況!大阪市立美術館「メトロポリタン美術館展西洋絵画の500年」多くのすぐれた海外の作品を鑑賞できるチャンス

f:id:monohyoka:20211114202616j:plain

大阪市立美術館で開催中「メトロポリタン美術館展西洋絵画の500年」概要は、

1870年に創立されたアメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館は、先史時代から現代まで、5000年以上にわたる世界各地の文化遺産を包括的に所蔵しています。本展では、同館を構成する17部門のうち、ヨーロッパ絵画部門に属する約2500点の所蔵品から、選りすぐられた珠玉の名画65点(うち46点は日本初公開)を展覧します。15世紀の初期ルネサンスの絵画から19世紀のポスト印象派まで、西洋絵画の500年の歴史を彩った巨匠たちの傑作が、一挙来日します。フラ・アンジェリコラファエロクラーナハティツィアーノエル・グレコから、カラヴァッジョ、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールレンブラントフェルメールルーベンス、ベラスケス、プッサン、ヴァトー、ブーシェ、そしてゴヤターナークールベ、マネ、モネ、ルノワールドガゴーギャンゴッホセザンヌまで、時代順に3章構成でご紹介します。メトロポリタン美術館が誇る至高の名画を、ぜひご堪能ください。

大阪市立美術館 https://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/metro

2021年11月13日(土)~2022年1月16日(日)

一般:2100円、高大生:1500円

f:id:monohyoka:20211114202624j:plain

本日11月14日(日)訪問、一般料金2100円と他の展覧会に比べて強気な料金設定。

日曜日だからか、開催後すぐだからか、多くの人で賑わっている。

おみやげ売場で会計するにも長蛇の列。

大盛況で展示品をじっくり味わうのは難しい。

f:id:monohyoka:20211215144812j:plain

しかしそんな中、第2会場終わりに、オーギュスト・ルノワールヒナギクを持つ少女」には吸い寄せられるように自ずと足が動いた。

ヒナギクを持つ少女」の隣りにもルノワール「海辺にて」があったが、それほど興味はそそられなかった。

ふくよかで血色が良い割にどこか儚げな表情の「ヒナギクを持つ少女」に不思議と魅入ってしまった。

多くのすぐれた海外の作品を鑑賞できるチャンス、強気な料金設定も納得だ。

大阪市立美術館の詳細

会期:2021年11月13日(土)~2022年1月16日(日)

時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、年末年始(2021年12月30日(木)~2022年1月3日(月))

観覧料(税込):一般:2,100円、高大生:1,500円
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。(要証明)
※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要。